TOP > よくあるご質問

よくあるご質問

質問
回答
1
対象となるECサイトで販売する全ての商品が対象になりますか?
オールNAGANOモールに登録されているものに限ります。
参加締切後(初回募集:8/19迄 追加募集:9/15迄)に追加登録されました商品については、支援対象外です。
2
オールNAGANOモールの登録ですが、追加は随時できますか?
※支援対象について
オールNAGANOモールに登録されているものに限ります。
参加締切後(初回募集:8/19迄 追加募集:9/15迄)に追加登録されました商品については、支援対象外です。
3
オールNAGANOモールに登録されている商品は、すべて、送料無料CPの対象になってしまいますか?一部外してもいいですか?
はい、一部外していただいても問題ございません。
オールNAGANOモール登録商品の中で、事業者様にて、「送料無料」にされる商品を決めていただき、該当商品には、送料無料CP実施中を掲げていただくようお願いいたします。
オールNAGANOモールへ、「送料無料」タグの取り下げ連絡をお願いします。
4
対象商品について、「りんご 1キロ」で掲載していますが、重量違い、個数違いなどがある場合でも支援対象となりますか?
オールNAGANOモールに登録されているものに限ります。
参加締切後(初回募集:8/19迄 追加募集:9/15迄)に追加登録されました商品については、支援対象外です。
5
送料無料販売のスタートは、支援期間内であればいつ始めてもよいですか?
参加決定通知受取後、準備でき次第スタートしてください。
※事前準備としてサイト上にバナー又は「送料無料」を掲げていただくようお願いいたします。
6
支援対象期間内で、特定の月だけ送料無料を外す措置はできますか?
本事業ではできません。
7
キャンペーン実施期間について、店舗HPでの表示で注意すべき点はあるか。
キャンペーン期間は令和4年1月末までとしているが、それよりも早く設定された送料支援金上限額に到達したら、期間に関わらず、当該事業者はキャンペーンを終了することとなるので、「予算の都合により終了する旨」があることを自社ECサイトに掲載をお願いします。
8
事業者毎に設定された送料支援金上限額を超えた場合、また、超える直前でキャンペーンを終了しても良いか。
事業者毎の送料支援金上限額を超える場合は、超えた部分は支援できないため、超える直前でキャンペーンを終了していただいて構いません。
9
ECサイトのデザインやシステム上の都合で、バナー設置ができません。
WEBサイトのシステム等の問題で、バナーを設置できない場合は、送料無料キャンペーンであることを自社ECサイト内で表示してください。
10
現在、商品に送料を含めて販売しているが、対象となるか。
送料相当分を値下げすることで対象とします。
(送料込みのキャプチャー(画像)と送料を外した商品のキャプチャー(画像)を根拠書類として、ご提出していただく必要がございます。確認がとれない場合は、支払い対象外となります。
11
すでに自社負担で送料無料化(一定以上の商品購入は無料など)を実施中の場合、対象となるか。
参加事業者で送料を負担して、消費者の送料を無料化する場合は対象となります。
12
県産品(NAGANOモール登録の対象品)ではないものと同時に発注があった場合も支援対象となるか。
対象商品と同梱でございましたら、支援対象です。
また、2個口発送など、配送業者からの請求時に1件の発送として扱われる場合であれば、支援対象とさせていただけます、
配送便が別の場合は、支援対象外とさせていただきます。
13
他の割引券や割引サービスとの併用は可能か。また、ポイントを使用して購入しても問題ないか。
割引券や割引サービスとの併用は可能で、ポイント使用も問題ありません。
14
商品に送料分を上乗せして実施しても良いか。
参加条件を「送料を消費者に求めないこと」としているため、商品に送料分を上乗せして実施することはできません。
15
対象商品について
セット商品(3つの詰め合わせ)で、商品の一部が売り切れ等により一部変更になる場合は対象となりますか?
価格が変わらないことが条件となりますが、対象になります。
また、その場合、商品詳細に「一部変更になる可能性があります・・」等注釈いれて販売し、消費者へ混乱の無いようにしてください。
16
設定された送料支援金上限額に達した。
(増額希望することはできますか?)
上限額に達した時点で支援終了になります。増額調整の予定はございません。
17
(事業者の)支援金が上限に達した場合、どうなりますか?
また、送料支援額を超えた場合の送料は負担してもらえるのか。
上限額に達した時点で支援終了になります。事業者様ECサイトの「送料無料」の記載を変更いただき、ご報告をお願いいたします。
超過分の負担できません。参加者毎の送料支援金上限額の範囲内での支援となります。
18
支払い時期は複数回あるのか。
お支払いは、基本的に、3月に一括精算を予定しておりますが、ご希望の場合は、一次精算として10月末日までに要した費用を12月に精算することも可能です。
※一次精算につきましては、各事業者1回限りとさせていただいております。
19
実績報告をする際は、どのような書類を提出すれば良いか。
①実績報告書(発送日、送付先都道府県、商品名、送料が明記されている一覧)、②根拠書類(発送日、送付先都道府県、送料が明記)の写しの提出が必要となります。
※支払いの請求を希望される場合は、②の書類も合わせてご提出ください。
※詳しくは、事業者様へお送りしております「実績報告書フォーマットのご案内」を参照ください。
20
実績を確認できる書類の写しとは何か。
配送業者からの請求書、又は発送伝票の写しをご用意ください。
21
根拠書類はないが、送料の負担はしているので、支援額に含めて問題ないか。
根拠書類が確認できない場合は、支援対象外となります。
22
精算の際の書類に「配送業者からの請求書の写し等の証拠書類」とありますが、配送業者からの請求書に電話注文など全てがまとめて記載されているが問題ないのでしょうか?
指定様式の一覧に記載いただいた「発送日、商品名、送付先都道府県名、送料」を事務局で照合させていただくため、配送業者からの請求書の写しを送付いただければと思います。その際、電話等での受付分が含まれていていも問題ございません。なお、該当箇所を明示してください。
23
ECサイトでの発送と、店舗での来店注文を受け発送の両方を行っている場合、店舗への来店分に係る送料は該当となるか。
店舗での直接購入分の送料は対象外です。
24
ECサイトと新聞折込チラシでの宣伝をしており、両方とも電話で注文を受けている。ECサイト経由か新聞折込経由かが明確でない場合、両方の送料を対象とすることができるか。
ECサイトを活用した注文により発生した送料であることを明確に示すことができない場合は、対象とすることができません。(対象外)
25
消費者に対して無料化する送料と、運送業者に支払う送料は異なる。支援対象となる送料はどうなるのか。
送料支援金の対象となる送料は、消費者が店舗に支払う額ではなく、参加事業者が運送業者に支払う額(運送業者から参加事業者への請求額)となります。
26
定期購入契約をしている場合の送料は支援対象となるか。
対象となります。ただし、キャンペーン実施期間中が対象です。
(支援事業の期間中で上限額に達するまでであれば、定期のお客様も対象にしていただいて問題ありません。)
27
小売店や卸事業者に販売する送料も対象になりますか。
対象外です。本事業では、一般消費者への販売・発送にかかる送料を支援の対象としております。
(本事業は、あくまで消費者(ネット購入者)へ商品を送るための送料を支援するものであり、小売店や卸事業者等の仕入れに係る送料は、対象外になります。)
28
本来、お客様から頂く送料は、「配送業者の運賃+梱包代」で設定していますが、支援の対象は、梱包代を含んだ送料でしょうか?それとも、配送業者に支払う送料でしょうか?
支援の対象は、貴社が配送業者に支払われる「送料」のみとなります。
29
いつまでの送料が支援対象となるのか。
発送が令和4年1月31日までになります。また、期間中に支援上限額に達した事業者様につきましては、その時点で支援対象期間終了となります。
※注文日ではなく発送日となりますのでご注意ください。
※送料支援金上限額の超過分については負担できないため、注意が必要。
30
自社配送を行っている場合は、申請することができるか。
自社配送は対象外のため、自社配送しかない場合は申請できません。
対象外です。また、親族による配送など、配送の状況を証明できない場合も対象外とします。
31
当社ECサイトで受注し販売する商品について、複数の配送方法がありますが、全ての送料が対象となりますか?
1.店舗から発送
2.製造メーカーからお客様へ直送
3.卸業者よりお客様へ直送
事業者様が送料を立替ており、精算の際に証拠書類を提出できるものであれば、支援対象となります。 (自社以外からですと証拠書類の手配が難しい場合がありますので事前にご確認いただくようお願いいたします。)
32
配送業者の指定はあるか(ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便など)。
ありません。
33
返品時の送料は対象となるのか。
対象外です。
34
送料は、全国どこでも対象となるのか。離島でも対象となるのか。海外への発送も対象となるのか。配送の制限(重量、距離、配送方法)はあるか。クール便も対象となるのか。
全国(離島を含む)どこでも対象となります。
海外への発送料金も対象です。
配送制限はなく、クール便も対象です。
35
現在「送料込み」としている商品を対象とする場合、送料値引きをおもてにあまり知られたくないのですが、価格をかえずに、値引きという表現で対応することは可能ですか?
「送料込み」(商品に送料を含めて販売している商品)につきましては、送料相当分を値下げすることで、本キャンペーンの対象商品とさせていただきます。
精算いただく際に、(送料込みのキャプチャー(画像)と送料を外した商品のキャプチャー(画像)を根拠書類として、ご提出していただく必要があり、確認がとれない場合は、支払い対象外となります。

例)価格を送料を外した上で、「送料別」と記載いただき、無料キャンペーンである旨(参加条件参照)の記載をお願いいたします。